HOME >> ふるさと応援事業 >> 市民参加創作ミュージカル >> 『高向玄理』とはどんな人物だったの?

about_kuromaro_title

高向玄理は飛鳥時代に、日本初の国費留学生の一人として小野妹子に従い遣隋使として随に渡りました。
その後32年に及ぶ留学を終え帰国すると、大化の改新後の新政府の国博士として任じられ、任那・新羅と言った現在の朝鮮半島にあった国家の外交を任され中大兄皇子らとともに新しい政治体制の確立に活躍しました。
その後、今度は遣唐使として再び大陸に渡りましたが、再度日本の地を踏むこと無く長安にて客死しました。

河内長野市の高向地区が玄理の出生地とされ、河内長野ゆかりの偉人として昨今注目を集めています。

about_kuromarokan_title

kuromarokun河内長野の歴史を知ることが出来る『河内長野市立ふるさと歴史学習館』が玄理のふるさと高向にあります。
高向玄理にちなんで『くろまろ館』の愛称でマスコットキャラクター『くろまろくん』とともに親しまれています。

河内長野の歴史や高向玄理にご興味をもたれたら是非一度ご覧下さい。

河内長野市立ふるさと歴史学習館
〒586-0036 大阪府河内長野市高向2230-5
TEL 0721-64-1560

 

kuromarokan_omotekuromarokan_ura

トラックバックURL

-->
ふるさと応援団