HOME >> コネクト!かわちながのプロジェクト >> コネクト市議会 >> 市議会議員さんにアンケート! >> 道端俊彦

connect_citycouncil_anqtop

connect_citycounci_Q0

道端俊彦(みちばた としひこ)

生年月日 : 昭和38年 3月25日
所属政党 : 会派に所属せず道端俊彦
所属会派 : 無所属
当選回数 : 1回
ウェブサイト :

■道端俊彦.com   http://michibatatoshihiko.com/
■Facebook  https://www.facebook.com/toshihikomichibata
■道端俊彦を応援する会  http://supporter-toshihikomichibata.jimdo.com/


connect_citycounci_Q1

connect_citycounci_ans

子ども達の未来の為に、河内長野の未来の為に。

市政の役割は住民の皆さまの御意見・御要望を伺い、
地域の課題に対して具体的な解決策を提示していくことで、
より充実したサービスを提供していくことだと思います。

1、地域企業や地域店舗が元気な河内長野へ(地域活性 ICT活用)
2、災害に強く行政サービスが充実した河内長野へ(防災対策・減災対策)
3、子育てしやすく教育環境と教育機会が充実した河内長野へ
4、高齢者、障がい者(児)に優しい福祉政策の充実
5、市民の生活現場第一主義。「市政を身近に」
6、公正、透明性を確保し、市民にわかりやすい真に開かれた議会を目指すこと。
7、政策形成に適切に反映できるよう市民参加の機会の拡充に努めること。
8、市民の多様な意見をもとに政策立案及び政策提案の強化に努めること。
9、市民代表の立場から適正な市政運営が行なわれているか、監視し評価すること。
10、他の自治体の議会との交流及び連携を推進すること。
この政策マニュフェストを実行するために、志を立てました。

小さな改善の積み重ねが大きな成果を生ます。
市民の皆様とのコミュニケーションデザインを形成することを目指します。

connect_citycounci_Q2

connect_citycounci_ans 河内長野市の町づくりに関して

現在、河内長野市は三度目の財政再建団体への転落という事態を回避するため、
「収支不足の解消」「財政構造 の弾力化」「公債費負担の適正化」をめざし、財政健全化 に取り組んでいます。
行政として河内長野市財政健全化の取り組みをより効果的、効率的に行うこと。
改善へのプロセスではなく、結果を最大化するプロセスマネジメントに変更する必要があります。
市民ファーストに徹すること。まだまだ河内長野市は市民の皆様に対して明確な利益=ベネフィットを提供できていない。
現在、総務常任委員会と予算常任委員会に所属しています。
*本会議や委員会での議員の発言が河内長野市を変えていきます。
今、河内長野市で何が起こっているのかを市民が知り、「強み・弱み」を分析し、
痛みを伴う転換をするか、安定したジリ貧を取るかの選択を行い新しい街づくりを行うことが大事です。

connect_citycounci_ans 実績

1963年3月25日河内長野生まれ
ひなぎく幼稚園、千代田小学校から、楠小学校卒。
千代田中学校入学、大阪明星学園明星高等学校卒
関西大学経済学部卒業
株式会社サンリオにて営業、マーケティングを学ぶ。
阪南大学経営情報学科インターネットエコノミー客員講師
中小企業庁専門家派遣事業ミラサポIT専門家としてIT経営指導。
阪南大学経営情報学科客員講師 大阪大谷大学講演
著書「TOP0.1% の条件」Amazon 総合ランキング1位
一般社団法人 日本ソーシャルメディア学会 代表理事
河内長野市だんじり祭 千代田石坂保存会 会長8年歴任
関西 100km チャリティ歩こうよ♪大会主催
富田林市 金剛にぎわい創出実行委員会(金剛バル)代表
現在、株式会社ミチバタ・ジャパン・リミテッド経営。
connect_citycounci_ans 現在

地域経済活性化について調査研究するための地域経済活性化特別委員会と、
健康支援センター及び三日市市民ホールの管理に係る諸問題を調査するための健康支援センター
及び三日市市民ホールの管理に係る諸問題に関する特別委員会に所属し、
市民の声を市政に反映させるために全力で活動しています。
また、議員の資質向上のため、調査・研究に使える政務活動費(河内長野市年間72万円)を
受け取らず自ら身を切る改革を行っております。

connect_citycounci_ans 将来のビジョン

「今ない未来は自分たちで創る!」

市議会議員の主な仕事は 「市民の声を聞く」ことと
「情報発信」「発言」することです。地方分権の主役は市町村です。
今後、地方分権を実現するには、自分の住んでいる市町村の状況に関心を持ち、
自分の住むまちの現状・特色を知り、さらにまちの活動に参画することが重要になってきます。

私は、市議会議員として地域と行政をつなぐ活動を続けていくことを約束いたします。
また、地域経済を活性化させるために、地元商業者を中心にIT勉強会を毎月2回(無料)開催しております。
毎月第2木曜日 18:00~ 千代田駅前 実践講座
毎月第4金曜日 18:00~ 河内長野商工会 基礎講座
*初めての方でもお気軽にご参加ください。
詳しくは、メール ( cio@michibatatoshihiko.com ) にて。

意志あるところに道は拓ける!
Where there is a will, there is a way.
街を変えるのは 私たち市民だと思っています。

100年先の未来の子供たちが、
笑顔で溢れているような社会を残したい。
河内長野の未来への皆様の大切なお一人お一人の想いを、
私に託していただけるよう全力で駆け抜けます。

 

button_back

トラックバックURL

-->
ふるさと応援団